溝口勇児

起業家
株式会社FiNC Technologies
元代表取締役

高校在学中からトレーナーとして活動。他にも業界最年少コンサルタントとして、数多の新規事業の立ち上げや、業績不振企業の再建を担う。2012年にFiNCを創業。総額150億円超の資金調達をした後、2020年に代表取締役社長を退任。

溝口勇児のおすすめ本

ビジネス

THE TEAM

5つの法則
麻野 耕司
\最初の2冊は無料(~2/24)/

溝口勇児

リーダーが頼るべきは実現したいミッションに対しての共感度が高く、リーダーの立場や背景、葛藤や孤独を想像しながら物事を考えて言葉をかけてくれる人です。麻野さんは僕にとってそんな存在であり、THE TEAMも本当に良い本だと思いました

この起業家もおすすめしています

76生まれ、ライフネット生命を立ち上げる

ネットで生保を売ろう!
岩瀬 大輔

溝口勇児

良書です。ほんとに。

経済

日本人がグローバル資本主義を生き抜くための経済学入門

外資系金融機関で活躍する著者が本当に役立つ経済学のエッセンスを教えます。
藤沢数希

溝口勇児

「日本人がグローバル資本主義を生き抜くための経済学入門」を読了。この本の著者は文章がほんとに上手い。相手が咀嚼しやすいように、難しい内容を実に分かりやすい表現で、ほんと上手に書いている。内容もさることながら、その辺りもスゴく勉強になったな。

自己啓発

志高く

孫正義正伝
井上 篤夫

溝口勇児

孫正義さんについて書かれた本『志高く』を読んだことが、起業家を目指すきっかけになりました。「起業家になって成功すれば、存在価値を発揮でき、発言力も高められるはず。今自分がぶつかっているような大きな壁だって、難なく打破できるのではないか?」と考えたのです。

物語

アルケミスト

羊使いのサンチャゴは、彼を待つ宝が隠されているという夢を信じ、アフリカの砂漠を越えピラミッドを目指す。様々な出会いと別れを経験し、少年は人生の知恵を学んでゆく――。
パウロ・コエーリョ
\最初の2冊は無料(~2/24)/

溝口勇児

リーダーシップの旅と同様に頂戴した小説。今までそれなりに本は読んできた。けどこの小説はバイブルになりうる一冊。面白いとか、秀逸とかそういうレベルじゃない。この小説は人生の分岐点で必ず読み返す事になると思う。今日は早いのに興奮してもう寝れないな

Twitterをフォローしよう

  溝口勇児をフォロー  byTRUSTをフォロー

起業家が本を紹介したらスグに配信します