ビルゲイツ

起業家
マイクロソフト 元CEO

1975年、ハーバード大学を中退しポール・アレンとマイクロソフト社を設立。1986年に会長兼CEOに就任。2008年に経営の第一線から引退し、現在は慈善事業家として活動。

ビル・ゲイツのおすすめ本

ビジネス

データを正しく見るための数学的思考

数学の言葉で世界を見る
ジョーダン エレンバーグ

ビル・ゲイツ

実際どれだけ数学が日常生活の気づかれないところに潜んでいるかがわかる。数学書だとは思えないような、面白く読みやすい形で書かれている。数学への究極のラブレターとも言えよう。

ホワット・イズ・ディス?

むずかしいことをシンプルに言ってみた
ランドール マンロー

ビル・ゲイツ

素晴らしいコンセプト。なぜなら、簡単な言葉で説明できないものは、実際は理解できていないことだから。食器洗い機から電子力発電所まで、難しいことを分かりやすい説明とイラストで解説している。著者Munroeのジョークも面白い。好奇心旺盛な全ての人への素晴らしい入門書だ。

-人生 “最良の1冊” を。ビル・ゲイツがすすめる7冊の本

人と企業はどこで間違えるのか?

成功と失敗の本質を探る「10の物語」
ジョン・ブルックス

ビル・ゲイツ

確固たるビジネスを展開し、価値を創造するための法則は不変だと思い起こさせてくれる。どんなビジネスにも、成功させるためには本質的な人間の要素がある。完璧な商品・計画・売り込み方があっても、リーダーとしてふさわしい人がいることが絶対に必要。Microsoftやビル&メリンダ・ゲイツ財団の立ち上げ時をはじめとして、私のキャリアのどんな段階においても、この教訓を忘れることはなかった。

-人生 “最良の1冊” を。ビル・ゲイツがすすめる7冊の本
この起業家もおすすめしています

マインドセット

「やればできる! 」の研究
キャロル・S・ドゥエック

ビル・ゲイツ

私の財団の教育的な業務遂行に大きく貢献してくれた一冊。我々の能力に関する思い込みが、学ぶ姿勢や人生での選択に多大な影響を与えていることを、著者Dweckは調査を通じて明らかにしている。 本書の価値は教育の現場に留まらず、才能を開花させたいビジネス・パーソンや、困難に立ち向かい成功をおさめることのできる子供を育てたい親にとっても、重要な示唆を与えてくれる。

-人生 “最良の1冊” を。ビル・ゲイツがすすめる7冊の本

FACTFULNESS

10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣
ハンス・ロスリング
\最初の1冊は無料/

ビル・ゲイツ

私は今まで世界をDevelopedとDevelopingの2つに分けて表現していた。だが、本書で世界を4分類する方法を知って、この言葉を使わなくなった。

この起業家もおすすめしています

歴史

銃・病原菌・鉄

五つの大陸でなぜ人は異なる発展をとげたのか。
ジャレド ダイアモンド

ビル・ゲイツ

私はジャレドの全書籍が大好き。特に『銃・病原菌・鉄』はこれまで読んで来た本で一番良かったものの一つ。

この起業家もおすすめしています

危機と人類

「国家がいかに危機を乗り越えたか? 明快な筆致に引き込まれる。本書は、地球規模の危機に直面する全人類を救うかもしれない」
ジャレド・ダイアモンド

ビル・ゲイツ

『危機と人類』は、いくつかの国々が、最大級の危機をクリエイティブに解決してきたことを思い出させてくれる。ジャレドは今我々が色面する深刻な課題を克服できるかまでは予言していないが、そこには乗り越える道があり、それを選択できることは示してくれているのです

この起業家もおすすめしています

サピエンス全史

文明の構造と人類の幸福
ユヴァル・ノア・ハラリ
\最初の1冊は無料/

ビル・ゲイツ

組織的な社会を形成してきた原理原則が、生活に大きな影響を与えながら21世紀に変化することが記されている。今まで社会を形作ってきたものは、よく生きるための宗教観や、病気・飢え・戦争を無くそうとする社会全体の目標だった。 もしこれらの目標を実現できていたら、どんな世界になっていたのだろうか? 著者Harariの意見全てに同意するわけではないが、この本は我々人類の今後を見据える上で重要な観点を示してくれる。

この起業家もおすすめしています

ホモ・デウス

テクノロジーとサピエンスの未来
ユヴァル・ノア・ハラリ

ビル・ゲイツ

『サピエンス全史』と同じくらい挑戦的で読みやすい。本作は過去よりも未来に目を向けている。著者は人類が直面し得る恐ろしい未来を描いている。しかし、未来は定められたものではないという点で、私は彼よりも楽観的だ。

この起業家もおすすめしています

物語

リンカーンとさまよえる霊魂たち

南北戦争の最中、急死した愛息の墓を訪ねたリンカーンに接し、霊魂達が壮大な企てに挑む。全米ベストセラー感動作。
ジョージ・ソーンダーズ

ビル・ゲイツ

リンカーンに関することは何でも興味があるが、本書は彼についての新たな視点を与えてくれる。演劇のような文体で書かれていて気軽に読めるし、幽霊の逸話が驚くほど面白い。リンカーンファンには休暇中に読む本として薦めたい。

シンパサイザー

「私はスパイです。冬眠中の諜報員であり、秘密工作員。二つの顔を持つ男――」捕らえられた北ベトナムのスパイは、独房で告白をつづる。息もつかせぬスパイ小説にして皮肉に満ちた文芸長篇。
ヴィエト タン ウェン

ビル・ゲイツ

普段、歴史フィクションは読まないが、友人の薦めで手にした。本書を読んでから、ベトナム戦争についてベトナム人の視点から描かれた作品を熱心に読むようになった。

-NewsPicks Magazine Autumn 2018 Vol.2

モスクワの伯爵

ロシア革命後、堕落した特権階級である罪で、一生ホテルから出られなくなった伯爵。絶望に沈みゆくなか、曲者ぞろいの従業員と客との出会いが彼に新たな生き方を選ばせる。
エイモア トールズ

ビル・ゲイツ

誰もが楽しめる素晴らしいストーリーだ

自己啓発

ヒルビリー・エレジー

アメリカの繁栄から取り残された白人たち
J・D・ヴァンス

ビル・ゲイツ

私はセルフメイドマンではない。優れた教育、励まし、私の奇癖への忍耐など、あらゆる恵みを両親が与えてくれた。著者が描く恵まれない世界を、私は間接的にしか知らない。

トレバー・ノア

生まれたことが犯罪!?
トレバー・ノア

ビル・ゲイツ

本書では、彼の母親が真のヒーローとして登場する。彼女は強い独立心を持つ並外れた人物であり、彼女の息子も同様だ。

-NewsPicks Magazine Autumn 2018 Vol.2

いま、希望を語ろう

末期がんの若き医師が家族と見つけた「生きる意味」
ポール カラニシ

ビル・ゲイツ

再度手に取ること間違いなし。本書は短いが、生と死、患者と医者、息子と父親、仕事と家族、信念と道理など、たくさんの意義深く興味深い内容が含まれている。もう一度読むと新たな洞察が得られるだろう。

健康

睡眠こそ最強の解決策である

睡眠科学の第一人者マシュー・ウォーカー教授が、つい最近まで解明されていなかった睡眠と夢のパワーについて新しい知見を紹介する一冊。
マシュー・ウォーカー

ビル・ゲイツ

マイクロソフト黎明期に「たくさん寝るのは怠け者だ」と考え、カフェインを大量摂取しては徹夜を続けていたが、カリフォルニア大学バークレー校人間睡眠科学センターで所長を務めるウォーカーによるこの著書を通じ、自分が睡眠不足によって大きな損害を受けたかもしれないと考えるようになり、就寝時の習慣を変えるにまで至った。

Twitterをフォローしよう

  ビル・ゲイツをフォロー  byTRUSTをフォロー

起業家が本を紹介したらスグに配信します